眼瞼下垂

眼瞼下垂

肩こりや頭痛の原因にもなるまぶたのたるみ

眼瞼下垂とは、上まぶたを開ける「眼瞼挙筋」という筋肉の力が弱くなったり、伸びてしまうという障害があるため、思うように目が開かなくなる状態、疾病のことです。眼瞼挙筋は眼の上奥から前のほうに伸び、挙筋腱膜という薄い膜と上眼瞼の瞼板という組織につながっています。眼瞼挙筋が弱まり、まぶたのたるみが起こる原因には、加齢によるもの、コンタクトレンズの長時間使用、パソコンでの目の酷使、逆さまつ毛などがあります。無理して目を開けようと力を入れてまゆを持ち上げようとすると、額や眉間にシワが入ってしまうため、表情が険しくなってしまうだけでなく、目が疲れやすくなり、肩こりや頭痛の原因にもなります。
眼瞼下垂の手術では上まぶたの眼瞼挙筋を縫い縮めることでまぶたの開く力を強化し、上まぶたを開ける力を強化します。繊細な手術装作が必要ですので、熟練した医師に任せることが重要です。

目元のアンチエイジングにも

重い印象のまぶたを改善。目が見開きづらいために、目が小さく見えたり眠そうに見えてしまう方に最適です。このような方はぜひご相談下さい。

・眠そうな目をパッチリさせたい
・黒目を大きく見せたい
・目つきが悪く見られる
・まぶたがくぼんで老けた印象がある
・加齢によってまぶたがたるんで視野が狭くなった気がする
・コンタクトレンズの長期使用によって、まぶたが開けにくくなってきた

お問い合せ・ご予約はこちら

切らない眼瞼下垂

切らない眼瞼下垂

眼瞼下垂でも切開手術には不安がある方に

軽度の眼瞼下垂の場合には切らない手術で症状を改善できる場合もございます。眼瞼下垂のために目が開き難く、目が疲れる、肩こりがひどい、美容的にも印象が悪い等々のお悩み、症状があるものの、どうしても切開手術に不安があるという方には、“切らない眼瞼下垂”の手術をご案内できます。眼瞼下垂でも切る手術と比較してダウンタイムも短く、忙しくて休みが取れないという方にもおすすめです。

切らない眼瞼下垂症例01
切らない眼瞼下垂症例02

まずはご来院下さい。

しかしながら、切らない眼瞼下垂手術の効果、施術の可否には、眼瞼下垂自体の状態に個人差がございますので、まずは御来院いただき、カウンセリングと診察をお受け下さい。

お問い合せ・ご予約はこちら
ページトップへ戻る
ドクターズコスメ通販サイト
Copyright(C) 新宿御苑 美容クリニック All Rights Reserved.