新宿御苑 美容整形・美容外科TOP > 脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪溶解注射(メソセラピー)とは?

botox

目的部位の脂肪を溶かし、理想の体系に近づけます。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は脂肪燃焼効果のある薬剤を痩せたい部分へダイレクトに注射する部分痩せ治療のことです。

薬剤の主成分であるPhosphatidylchline(フォスフォダイタルコリン)は大豆由来の成分で脂質の新陳代謝時に働く優れた脂肪燃焼物質です。 おなかや二の腕、太ももなど自己流ダイエットではなかなか落ちにくいパーツを集中的に部分痩せさせます。 手術では無いので、脂肪吸引とは違います。全身麻酔のリスクや、ダウンタイムも少なく、施術時間も10分〜15分で終わります。(注射の本数によって多少時間がかかることもあります) さらに、デコボコになるなどの心配もなく、美しいボディラインが作れます。

メソセラピーとは?

脂肪溶解注射

メソセラピーは、1952年にフランスの医師、Dr. Michel Pistorにより開発された注入技術のことです。 1987年にはフランス医療学会がメソセラピーを伝統的医学に付随する治療法とみなし、 大学医学部に導入を行いました。 現在、メソセラピーは学位として授与されています。

メソとはメゾダームすなわち中胚葉をあらわし、セラピーは治療という意味。薬剤をピンポイントで皮下に注入していくことで血流やリンパの流れ、 免疫システムを向上させ、蓄積された脂肪を溶解。 繊維および結合組織を除去し、滞っている生理機能をスムーズに改善させるのです。 脂肪溶解注射はメソセラピーの中でも部分痩せに特化した手技と言えます。

脂肪溶解注射はこんな方におすすめです。

脂肪溶解注射は腫れや痛みが軽いので、 休みが取れない方、人にばれずにサイズダウンしたい方にもお受け頂けます。

botox

脂肪吸引との違い

脂肪溶解注射

手術ではなく、あくまでも注射のみですので、脂肪吸引ではありません。 手術ではないので、手術に伴う麻酔のリスク、術後の圧迫、ダウンタイムも少なく、 10分〜15分の施術で済みます。

「つらい」「くるしい」といったものでない、部分痩せが可能です。 また脂肪溶解注射はもともと、高血圧症や、血管硬化の治療に用いられてきたものです。 大量投与を行えば血圧低下の可能性もありますが、当院ではカウンセリングの上、適切な量を投与します。


脂肪溶解注射の注意点

※ 個人差がありますが、注射の痕(赤み)が出ることがありますが数日で解消します。 また腫れや内出血が出来る場合がありますが、通常1日〜2週間程度で消失します。

施術を行えない方

・妊娠中の方
・心臓病、不整脈、動脈硬化などの慢性疾患をお持ちの方
・大豆アレルギーをお持ちの方
・貧血の方

お問い合せ・ご予約はこちら施術料金についてはこちら
ページトップへ戻る

脂肪溶解注射(メソセラピー)のポイント

気になるところを集中的に痩せられる

脂肪溶解注射は二の腕やお腹周り、ももの裏など、お肉が付きやすく気になる部分を集中的にケアする事が出来ます。 通常のダイエットであれば、胸から痩せてしまったり、痩せたい部分の脂肪はなかなか落ちなかったりなどの問題にあたる事が多いですが、その心配がありません。

約10分〜15分で施術が出来る

脂肪溶解注射は薬剤を注射するだけの施術ですので、1回の施術にかかる時間も短く、約10分〜15分の施術なのでストレスが全くありません。 また、1〜2ヶ月程度(2〜3週間毎に1回、平均 4〜5回)で効果が表れてきますので、短期間で体型を改善させたいという方にはおすすめです。

リバウンドしにくい

脂肪溶解注射は脂肪吸引同様、体内にある脂肪の細胞を減らす治療です。 脂肪細胞の数は成人であれば増える事が無いため、取り除いた分の脂肪が戻るという事はありません。 脂肪溶解注射を脂肪組織に注入する事で脂肪を溶かし血中を経て尿や便として体外に排出されます。

セルライト解消に効果的

ももの裏等に出来やすいセルライトに対して、脂肪溶解注射が効果的です。 また、脂肪吸引の後などに出来やすい凸凹した脂肪の塊に対しても、脂肪溶解注射を行う事で滑らかにする事が出来ます。

ページトップへ戻る

脂肪溶解注射(メソセラピー)料金Basic charge list

※お買取りキープ制になっております。
(5本×2回、3本×3回など、施術部位により回数分けが可能です。)

ページトップへ戻る
Copyright(C) 新宿御苑 美容クリニック All Rights Reserved.