ベビーコラーゲンはコラーゲン注射を肌に注入することで
ほうれい線やしわを改善する治療法です。

ベビーコラーゲンは世界で初めてⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンが50:50 で配合されたヒト由来コラーゲン注入剤です

ベビーコラーゲン注射とは?

年齢とともに失われた、Ⅰ型・Ⅲ型コラーゲンを、しわやくぼみが気になる部分にダイレクトに細かく注入し、なじませる治療法です。 皮膚とのなじみがよく、ピンポイントに皮膚の薄い部分にも浅く注入できるため、目の周りや口周り、額、鼻根部などのしわを消す(ぼかす)のに、非常に適しています。
ヒアルロン酸と比べると(ヒアルロン酸の種類によります)、持ち上げ力は少ないので、頬にボリュームを出すなど、造形を作る治療には向いていません。
ですが、しわやくぼみを自然にぼかすことができますので、よりナチュラルに仕上げたい方にお勧めの治療です。
皮膚が薄い方や、皮膚の浅い部分のしわやくぼみでお悩みの方にも推奨したいのが、ベビーコラーゲン注射です。

ベビーコラーゲン注射の効能

ベビーコラーゲン注射の効能

ベビーコラーゲンは、年齢とともに失われたⅢ型コラーゲンを補い、小じわを埋めるなど、自然な若返り効果や、ふんわりとした質感に改善することが可能な注入療法です。
皮膚の70%以上を占めているのは、ヒアルロン酸ではなく、コラーゲンです。そのため、コラーゲンを補うことのほうが、より自然な若返り方法といえます。
わらかい質感を実現し、持続効果もバツグン!
ベビーコラーゲンは、目の周りなどの非常に皮膚が薄い部分の細かいしわのリタッチなどに繊細に注入できて、自然、かつもちがよいのが特徴のひとつです。リジュラン同様、薄いお肌の方にも、非常に適している施術です。

リフトしたいわけではなく、あくまでも自然に、しわをぼかし、質感をやわらかくして、若返りたいという方に推奨したい注入療法です。 または、その他の注入療法と組み合わせて、表面の仕上げとして、小じわを埋めたり、自然に表面をふっくらさせるといった方法もお勧めです。

ベビーコラーゲン注射はこんなお悩みを解消します

しわの種類
こんなお悩みを解消します
・目の周りの細かいしわが気になる
・鼻根部の細かい横しわ(バニーライン)を解消したい
・法令線を自然にふわっとぼかしたい
・法令線~頬あたりの細かいしわをぼかしたい
・鼻の下の縦じわが気になる
・額の細かいしわが気になる
・目の下やまぶたのくぼみを自然に改善したい
・涙袋の下のしわを自然にぼかしたい
・眉間の刻まれたしわを消したい
・お肌の質感を柔らかく改善したい
・皮膚が薄いので、自然に馴染む注入を希望している
・より自然に若返るような注入を希望している

ベビーコラーゲン(ヒューマラジェン)の特徴

・従来の注射によるしわ取りで対応しにくかった部位にも有効!

多くのヒアルロン酸はコラーゲンに比べて硬く皮膚になじみにくいため、目まわりの薄い皮膚や真皮内に注入するとミミズバレのようにボコボコしてしまいます。 ただコラーゲンの場合は、皮膚にとてもなじみやすく、皮膚の浅い層に入れてもボコボコしにくいため、目まわりの小じわや、おでこ・眉間・法令線などの細くて深いしわに有効です。

・アレルギーのリスクが少なく、アレルギーテスト不要!

コラーゲンは非常になじみやすいため、以前から目まわりの注入剤として使用されていました。 ただ、動物由来のものが多く、アレルギーのリスクがあり、アレルギーテストに1ヶ月かかったりと、扱いにくいものでした。 しかし、ヒューマラジェンはヒト由来ですので、アレルギーテストの必要はありません。

・組織再生効果が高いⅢ型コラーゲンがたっぷり!

ハリがなくしわの多い皮膚にⅢ型コラーゲンを補充すれば、お肌の水分を適度な状態に維持することができ、みずみずしさと弾力を保ち、ハリのある健康的なお肌にすることが可能です。 また近年、組織再生能力も注目されています。 傷の修復の最初の段階でⅢ型コラーゲンが増殖してⅠ型コラーゲンに置き換わり、傷が治っていくことがわかってきました。

・アメリカ製のコラーゲンなので安心!

先進国以外で作られたものは、価格はお安いですが、不純物が多かったり効果が不安定だったりするものが多い傾向があります。 コラーゲンにかぎらずヒアルロン酸やボトックスなどは世界各地で製造されていますが、やはり、アメリカやヨーロッパなどで作られた製剤は品質が良く、安心できるものが多いです。

・繰り返すごとに長持ちしやすくなる!

脂肪細胞の新生・再生を促して、ボリューム効果を高めるという作用もあります。 ヒューマラジェンをしわに注入して組織がⅢ型コラーゲンで再構築されると、創傷治癒効果によりお肌の再生が促進され、脂肪細胞などの組織も増殖し、初回は3~6ヵ月の持続期間だったものが、繰り返し注射すると1年半以上長持ちすると言われています。

ベビーコラーゲンについて

コラーゲン注入の歴史は長く、今まで、牛由来、ブタ由来、ヒト由来、とさまざまなコラーゲンが使用されていました。
近年、その中のヒト由来のⅢ型コラーゲンの持つ、キズ修復などの再生能力が注目され始め、新しく誕生したのがベビーコラーゲンです。

このベビーコラーゲンは、従来のヒト由来コラーゲンよりもⅢ型コラーゲンを多く含んでおり、これまで、 Ⅰ型コラーゲン:Ⅲ型コラーゲン=95:5 だったのに対して、世界初の1:1となる、 Ⅰ型コラーゲン:Ⅲ型コラーゲン=50:50 で配合された唯一のヒト由来コラーゲン注入剤なのです。

Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンの働き

~減少するⅢ型コラーゲンは美肌に必要不可欠~

コラーゲンとは、身体を構成するタンパク質の一種で、全タンパク質の量の1/3を占めています。 現在わかっているもので、コラーゲンタンパク質は約30種類あり、それらは異なるポリペプチド鎖の組み合わせにより、 Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型、Ⅴ型というように分類されています。

コラーゲンの中で、お肌を構成しているコラーゲンは、Ⅰ型とⅢ型の2種類です。
Ⅰ型は、お肌のハリ・弾力性を持たせる働きがあり、一般的にコラーゲンというと、このⅠ型を指しています。 そのⅠ型コラーゲンをサポートする役割を果たすのがⅢ型コラーゲンで、特に肌のアンチエイジングの効果が大きく、瑞々しさと、柔軟性、弾力を保ち、ハリのある健康的な肌に導きます。赤ちゃんの肌のように潤いや弾力があるため、「ベビーコラーゲン」ともいわれています。

このⅢ型コラーゲンは、赤ちゃんのときにはたっぷり満たされており、Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンの割合は1:1の比率ですが、Ⅲ型コラーゲンは、加齢とともに失われやすく、ゆくゆくは10:1程度まで減少するといわれています。それにより、お肌の柔軟性や弾力性も失われていくのです。 創傷を治癒する仕組みにおいて、初期段階でⅢ型コラーゲンが土台として働き、Ⅰ型コラーゲンにバトンタッチして進行していくことから、Ⅲ型コラーゲンは治療における組織再生に重要なコラーゲンであることがわかってきました。身体に傷ができたとき、治りが遅いと感じたら、Ⅲ型コラーゲンが不足している証拠かもしれません。

このように、Ⅲ型コラーゲンは肌の水分保持など美容効果のみならず、創傷の治癒においても、非常に重要な役割を持ったコラーゲンなのです。 そのため、柔軟性や弾力性を取り戻し、ふんわり肌を纏うためには、Ⅲ型コラーゲンを補うことが、必要不可欠となってきます。

ベビーコラーゲン(1cc)
98,000円
ベビーコラーゲン(0.5cc) 55,000円
ベビーコラーゲン
(※2cc 同時ご使用の場合)
175,000円