小学生、中学生、高校生、子供のわきがについて

子供のわきが

わきがの原因でもあるアポクリン腺は、子供の成長時期とともに発達していきます。

女の子だと小学生高学年になる10才頃

男の子だと中学生になる12才、13才頃

そのあたりから発症しているケースが多く見受けられます。しかし、近年では児童の発育状態が以前よりも良好なため、わきがの発症年齢がより若年化している現実もあります。

本人が気にしないで済むのか

特に異常なわけではないため、本人が気が付いておかしい?と感じることはほぼないと言えます。

しかし、学生生活にはやっかいなもの。

特に思春期を早く迎える現代の子供にとってはニオイというもの自体、天敵ともいえるでしょう。

わきがのニオイに気がつかないことが原因で、意味もわからないいじめにあってしまったり、コミュニケーション能力の低下にも繋がる可能性があります。

手術をすれば良いのか?

実際問題、外科的な手術を行うことは本人に伝えることも大変ですが、親御さんからするととても安易には進められないものでもあるでしょう。

そこで当院がおすすめする施術として

電気凝固法がございます。

ニオイを軽減させていくこと

本人の悩みについても一緒に考えていくこと

親御さんとも一緒に時間をかけて相談し対応していきます。

 

ぜひご相談ください。

 

新宿御苑美容クリニック

http://gyoen-clinic.net/wakiga-nioi/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です