新宿御苑 美容整形・美容外科TOP > 傷跡修正

傷跡修正

怪我で処置された傷跡が目立つ。
そうした手や腕の傷跡も修正手術で目立たないものに

怪我をしてしまった後の傷跡、あるいは手術後の手術跡が目立って気になる。そんなお悩みをお持ちの方はぜひご相談下さい。特殊な外科的縫合法で傷跡をより目立ちにくくします。

副作用とリスクについて

内出血、腫脹、感染、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、 瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、 修正前より目立つ、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

手の甲にできた傷跡を修正

傷跡修正症例
傷跡修正症例
ペットとたわむれていて出来てしまった傷です。盛り上がり変色した傷跡が残っていましたが、修正手術で目立たなくなりました。時間が経過することで、傷跡はもっと目立たなくなっていきます。
お問い合せ・ご予約はこちら 施術料金についてはこちら
ページトップへ戻る

男性専門サイト

ドクターズコスメ
Copyright(C) 新宿御苑 美容クリニック All Rights Reserved.